返済・延長・質流れの手順について

■入質
入質とは、品物を預けてお金を借りることです。
品物を査定し見合った金額をご融資いたします。質預り(ご融資)には質料(利息)が発生します。
質料は満月計算になります。
質預りした日から翌月の同日までを1ヶ月とします。
質預りから3ヶ月間は質料の入金が無くても質流れはしません。
質料は質預りしたその日から発生します。
質入(質預り)の詳しい手順はこちら!店頭質預りの手順

■出質
出質とは、流質期限までに質料と借入金を返済して預けた品物を取り戻すことです。
原則として質料の日割り計算は致しません。
例1) 5/25に出質する場合は、2ヵ月分の質料と貸付元金が必要です。

■利上げ
利上げとは、流質期限までに借入金の返済ができないため、ひとまず質料のみを入金して流質期限を延ばすことです。
質料をお支払いいただくことにより、お支払い頂いた月数分、流質期日を延長することができます。
例2) 7/10までに1ヶ月分の質料をお支払いの場合、流質期日は8/10まで延長となります。

■流質
流質とは、流質期限までに借入金の返済が出来ないため、預けた品物を諦めることです。
質料のお支払いが3ヶ月以上滞りますと、預り品の所有権が当店に移ります。
この時点でお客様には質料のお支払いも貸付金の返済義務もなくなります。

ページトップへ